スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    「為替評価日較差要因」に関する情報開示は少なすぎる
    Kapok の資産運用投資対象投資信託
    インデックスファンドの成績と、ベンチマークとの乖離の要因の一つに「為替評価日較差」というのがあります。為替評価日較差とは、インデックスファンドの基準価額の算出に使う為替レートと、ベンチマークが使う為替レートが異なるために、出てきてしまう乖離です。

    例えば、インデックスファンドの1つである「STAM グローバル株式インデックス・オープン」の運用報告書によると、このファンドとベンチマークが採用する為替レートは、以下のように異なります。

    為替評価レートの時間差(当ファンドは当日の三菱東京UFJ銀行公表仲値、ベンチマークは前日ロンドン16:00時点のWMロイター社公表仲値を各々採用する)による影響を受けます。

    参照:http://www.sumishinam.co.jp/new_report/140834_R.pdf 2011/10/13





    私は、為替評価日較差に対するインデックスファンドの情報開示は全然足りていないと思います。例えば、先ほどの「STAM グローバル株式インデックス・オープン」の第7期 運用報告書では、「為替評価日格差要因 △1.2%」としか、パフォーマンスについての記述がありません。

    「どの通貨が期間の始めと終わりに、それぞれどのくらい変動したから、結果として1.2%下方乖離した」と、この程度は詳しく書いて欲しいものです。投資家の中には0.1%の信託報酬の差にまで注目してインデックス・ファンドを選ぶ人もいるため、1.2%もの下方乖離について、説明が無いというのは、不誠実な報告書と言わざるをえません。

    基本的にインデックス・ファンドが売れないのは、「売り手が儲からない」云々以前に、情報開示がぬるいからだと私は思っています。


    為替評価日較差要因は、「今回マイナス乖離要因となった場合、次回はプラス乖離要因になるはずだから、気にしない」という投資家が圧倒的に多いと思いますが、私はこれ、粉飾決算の温床になる気がしていて、大変に心配です。


    不安となったデータを一つ
    「STAM グローバル株式インデックス・オープン」 第7期運用報告書 : 為替評価日較差要因 -1.2%
    「STAM グローバルREITインデックス・オープン」 第7期運用報告書 : 為替評価日較差要因 +0.5%

    この2つのファンドは、
    1.ほぼ同じ通貨別投資状況で、
    2.ファンド・ベンチマークがそれぞれ同一の為替レートを使用しており、
    3.同一期間の運用報告書

    ですが、為替評価日較差要因が、なぜこれほどずれているのか、疑問です。

    まあ、eMAXISやCMAMみたいな、もっとひどいファンドと比べれば、透明感のある運用報告書で、好感が持てるのですがね。

    関連記事
    2011.10.13 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。