スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    信託報酬の低いETFにリレー投資! で不利になってしまう場合があります
    Kapok の資産運用投資対象投資信託
    信託報酬の低さに注目し、無配オープン投信から、分配ありのETFに乗り換える「リレー投資」という投資手法があります。ですが、信託報酬が低ければリターンが良いとは限りません。

    リレー投資で、逆にランニングコストが上がってしまう場合について考えます。
    以下、分配方針の違いと、配当課税に注目したお話をします。

    (売買コスト、および売買益に掛かる課税や保管費用等は、今回は考えません。)



    2-1 設定

    無配オープン投信「ファンドA」の信託報酬を c(A) とおきます。

    分配有ETF「ファンドB」の
    i) 信託報酬を c(B)
    ii) 分配利回りを b(B)
    とします。

    ファンドBとファンドAの投資対象は同じとします。

    また、分配金にかかる税率を d
    とします。


    2-2 ランニングコスト

    この時、課税を考慮したランニングコストは

    ファンドA c(A)
    ファンドB c(B) + b(B)×d
    となります。分配有ETFは、分配金にかかる税金の分だけ、余計にコストがかかります。


    リレー投資でランニングコストが下がるためには、
    c(A) > c(B) + b(B)×d ・・・(2-1)
    である事が必要です。

    従って、たとえ信託報酬が c(A) > c(B) であっても、分配金にかかる税金が大きい場合、リレー投資は成功しない事が分かります。


    2-3 具体例

    例えば信託報酬が年率 0.4% の無配ファンドと、
    信託報酬が年率 0.1% の配当有ファンド、
    配当有ファンドの配当利回りが 年 2% 、税率が 20% とすると、

    無配ファンドのランニングコスト 年 0.4%
    分配有ETFのランニングコスト 年 0.1% + 2%×20% = 0.5%
    と計算できます。

    信託報酬が低くても、分配金に課税される事も考慮した場合、リレー投資で不利になる場合がある事が分かりました。

    関連記事
    2011.12.07 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。