スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    LinuxでのTeXworksの設定について
    Kapok の資産運用PCLinux・Mac
    TeXエディターのTeXworksで、ボタン1つで編集中のTeXファイルをpdfファイルにするための、設定をメモします。


    1. まずはTeX関連ファイルがインストールされているか確かめる


    platexが動くか確かめるには、端末からコマンドで
    platex [適当なTeXファイル] 
    と打てば動きを確認できます。

    dvipdfmxが動くかは、同様に
    dvipdfmx [適当なdviファイル] 
    で確認できます。


    2. TeXworksで呼ぶための、シェルスクリプトを書き、保存する


    上記の事が出来れば、とりあえずTeXが動き、使えます。ですが、いちいち打っていたら面倒なので、シェルスクリプトに書いておきます。ファイル名は「pdfplatex.sh」にしておきます。

    #!/bin/sh
    platex $1 || exit 1
    dvipdfmx $1 || exit 1


    これに実行権限を付けて /usr/local/bin に保存します。



    3. TeXworksでシェルスクリプトを呼ぶ設定をする


    TeXworksの編集>設定 の画面で設定を行います。

    TeXworksSetUp.png
    ※クリックで拡大します。

    ①TeXおよび関連プログラムのパス
    → /usr/local/bin を一番上にしておきます。

    ②タイプセットの方法
    → pdfpLaTeX で、プログラムを先ほどのシェルスクリプトを設定し、引数を $basename にします。


    以上で、TeXworksからボタン1つ(緑色の再生マーク:タイプセットボタン)でpdfファイルが生成できるようになりました。



    関連記事
    2014.11.29 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。