スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    低コストにこだわるのであればインデックス投信よりも個別銘柄のB&H
    Kapok の資産運用投資対象投資信託
    インデックス連動型投資信託は、運用の分かりやすさと運用コストが低い事で人気です。
    ですが、長期資産運用では、インデックス投信を保有するよりも、株式の個別銘柄をいくつか選んでバイ&ホールドする方が、運用コストは断然安くなります。

    30年間かけて積み立てた場合について考えていきます。



    1.信託報酬が年率 0.5 % のインデックス投信を積立てた場合

    信託報酬が年率 0.5% の投資信託を、毎月5万円ずつ、30年間積立てます。
    簡単のため、投信に値動きは無いと仮定します。

    この時、最初の1ヶ月で支払う信託報酬は
    5万円×0.5%÷12ヶ月=21円

    2ヶ月目で支払う信託報酬は
    10万円×0.5%÷12ヶ月=42円





    30年目の最後の月に支払う信託報酬は
    1800万円×0.5%÷12ヶ月=7,500円

    です。これら30年間で支払う信託報酬を足し上げると、
    5万円×0.5%÷12ヶ月×(1+2+3+・・・・+ 12×30)=135万円
    となります。


    インデックス投信は低コストではありますが、信託報酬は積み上がると結構な額になります。


    2.買付手数料2%を支払い、個別銘柄を購入し、B&Hした場合

    一方で、最初に買付手数料2%を支払い、個別銘柄を購入、それをバイ&ホールドした場合を考えます。

    この時、運用コストは買付手数料のみで、
    5万円×2%×12ヶ月×30年間=36万円
    です。

    インデックス投信の保有と比較し、断然低コストなものになります。

    ※複数の銘柄を購入すれば、分散投資の効果もかなり得られます。


    3.2つの長期投資を比較してみて思う事

    株式個別銘柄を保有するのも、低コストで良い資産運用だと思いました。ただし、これには30年間ずっと社会から必要とされる企業を、ある程度選べる選球眼が必要ですし、いろいろな企業を分析するのは面倒であるかも知れません。

    とは言いますが、30年間でも50年間でも応援したくなるような企業の株を選んで買う事こそが、本当の意味での長期投資なのだという気がします。

    関連記事
    2012.02.16 / コメント:: 9 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。