スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    信託報酬値下げ! 年金積立 インデックスファンド海外新興国株式
    Kapok の資産運用投資対象投資信託
    日興アセットマネジメントが、「年金積立 インデックスファンド海外新興国株式」の信託報酬を年率0.8295%から0.5775%に値下げしたようです。

    信託報酬0.5775%というのは、「eMAXIS 新興国株式インデックス」の0.63%を下回り、一般販売されている新興国株式インデックスファンドで、クラス最安値に踊り出たことになります。

    参照:
    「年金積立 インデックスファンド海外新興国株式」が信託報酬値下げ!・・・
    梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー 2012/2/17

    この「信託報酬値下げ」について考えていきます。



    1.何よりまず、嬉しいです

    参照元に記述がある通り、新興国株式へ投資する投資信託にもかかわらず、信託報酬がわずか 0.5775% です。素晴らしく低コストです。我々投資家は、今までよりも有利な条件での新興国への投資が可能となったわけで、素直にうれしいですね。

    日興アセットマネジメントさん、
    そして値下げに関係した組織の皆様、ありがとうございます!


    2.信託報酬の内訳はどう変わったのか

    委託会社
    0.37275% → 0.22575% ( -0.147% )

    販売会社
    0.42000% → 0.315% ( -0.105% )

    受託会社
    0.03675% → 0.03675% ( ± 0% )

    という変更のようです。

    ※この情報は、↓の2つのpdfファイルから取得しました。
    1. 確定拠出年金向け販売資料 2011.08.ver7.0  (リンク最終確認:2012/2/17)
    2. 交付目論見書 2012.2.17 (リンク最終確認:2012/2/17)


    3.所感

    委託会社が頑張ったのみならず、販売会社の取り分までもが減っていますね。こんな事が実現可能であるとは、夢にも思っておりませんでした。販売会社は何のメリットもないですからね。

    販売会社をも巻き込んだ、新時代の信託報酬値下げ競争が始まるかもしれません。
    そういう意味でも、この「信託報酬値下げ」は衝撃的だと思いました。


    関連記事
    2012.02.17 / コメント:: 0 / トラックバック:: 1 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。