スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    四種類の異なる「ポートフォリオ運用」~アセットアロケーションのメンテナンス
    Kapok の資産運用投資手法アセットアロケーション
    ポートフォリオやアセット・アロケーションのメンテナンス手法は、大きく分けて4種類に分かれます。それぞれの特徴をまとめ、紹介します。


    1.バイ・アンド・ホールド(B&H)


    金融商品を購入し、「何もせず保持をする」という投資戦略です。保有銘柄が値上がりしても利益確定売りはせず、値下がりしても損切やナンピン買いは行いません。

    市場がトレンド(傾向)を持っている際に、良いパフォーマンを得られます。バイ・アンド・ホールドは時間の経過とともに、良いパフォーマンスの金融商品・アセットクラスのウェイトが高くなり、悪いパフォーマンスの金融商品・アセットクラスのウェイトが低くなるため、トレンドの効果を享受するのに適しています。

    さらに、原則として売買を行わないため、取引にかかるコストが小さくできるという特長があります。

    バイ・アンド・ホールドは順張の思想に基づくパッシブなポートフォリオ運用です。


    2.コンスタント・ミックス(CM)


    「資産配分を一定に保つ」スタイルです。最初に決めた資産配分を守るように、値上がりした資産を売り、値下がりした資産を買う事になります。

    市場が値上がりと値下がりを繰り返している際に、良いパフォーマンスを得られます。安くなった金融商品を買い、高くなった金融商品を売る売買を繰り返す事で、運用総額の増加に良い寄与をします。

    さらに、ポートフォリオのリスクが時間が経過しても一定に保たれるという特長があります。その一方で資産配分を一定に保つための売買によって、取引コストが(バイ・アンド・ホールドと比べて)多くなってしまいます。

    コンスタント・ミックスは逆張の思想に基づくパッシブなポートフォリオ運用です。


    3.ダイナミック・アセット・アロケーション(DAA)


    良いパフォーマンスが得られると考えられる金融商品・アセットクラスに機動的に資金を投入していくスタイルです。「リスク許容度低下→リスク資産を減らす」「リスク許容度上昇→リスク資産を増やす」ように、システマティックに運用される事もあります。

    目論見通りの値動きになれば大きなリターンが得られる一方で、目論見と逆の方向へ相場が動けば損失も大きくなります。また、売買コストも大きくなります。

    ダイナミック・アセット・アロケーションは、一般的には、弱い相場でリスク資産を売り、強い相場でリスク資産を増やすので、順張の思想に基づくアクティブなポートフォリオ運用に分類されます。


    4.タクティカル・アセット・アロケーション(TAA)


    割安だと思う資産を買い、割高だと思う資産を売るスタイルです。ファンダメンタル指標を見ながら、統計的分析によって機動的に割安な金融商品に資産を振り分けます。

    タクティカル・アセット・アロケーションは逆張の思想に基づくアクティブなポートフォリオ運用に分類されます。



    いろいろなポートフォリオ運用の手法がありますが、いろいろ知っておいて、自分に合う手法を階層毎に(銘柄選択時・業種分散時・通貨分散/地域分散時・アセットクラス分散時)活用しながら、納得のいく投資ができれば良いなと思います。


    ※この記事は、Tansney Gohnさんに教えて頂いたレポート(※現在リンク切れ)の要約記事として、2012年2月29日に投稿した記事を、2014年3月23日に追記・修正して再投稿しています。このため、2012年に頂いたコメントはかつてリンクしていたその記事の内容を指すものが含まれているため、お読みになる際はご注意ください。

    関連記事
    2014.03.23 / コメント:: 5 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。