スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    景気の波の、底から天井までを経験してみて思った事
    Kapok の資産運用投資手法投資心理・哲学・雑感
    私が資産運用を始めたのは2007年の12月です。
    ですから「景気の波の底から天井までを一通り経験した」と言っても過言にはなりません。景気の波を振り返って思い出を語ってみます。



    1.相場は悲観の中で生まれました

    リーマン・ショックの大混乱の中、強気相場が生まれました。
    どこまでも進んでいく円高・株安で、経済の先行きは真っ暗だと私は感じていましたが、そんな中から上昇相場は生まれました。


    2.相場は懐疑の中で育ちました

    ですがその頃は、「たとえチャートに陽線が現れても、その後必ず陰線が現れて、何日か後にはその上昇が帳消しになる」という事が多くありました。上昇相場の最初の陽線を見たときも、この上昇は続くかなと疑いました。そんな中、上昇相場は育っていきました。


    3.相場は楽観と共に成長しました

    そうこうしている内に、経済指標は改善されました。過去最高益を叩き出す企業も続出してきました。株価は上昇を続けました。今後もこのような世界の経済成長は続くと思いました。このような状況下、私は楽観的になりました。


    4.相場は幸福と共に消えていきました

    震災・米国債格下げ・欧州ソブリン危機など、いろいろありましたが、結果として私の含み益は幸福と共に消えていきました。





    今私は再び含み益を持ち、ほくほくした状態にあります。ですが上記経験を踏まえ、その時々で落ち着いて、最適な投資判断をしていきたい、と思います。

    関連記事
    2012.03.13 / コメント:: 3 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。