スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    投資信託における「個別銘柄リスク」の算出方法
    Kapok の資産運用投資対象投資信託
    一般的に投資信託は、多くの投資先に分散して投資をしています。この分散投資は、個別銘柄リスク(固有リスク・ユニークリスクとも言います)を低減させます。すなわち、投資信託はある一銘柄の「銘柄固有の暴落」の影響を受けにくい構造になっています。

    そうは言っても、例えどれだけ分散したとしても個別銘柄リスクは決して「(数学的な)0」にはなり得ません。では、ファンドが組み入れている銘柄の1つが大暴落した場合、そのファンドの基準価額にどの程度の影響があるでしょうか。



    1.銘柄リスク算出方法

    ざっくりと、
    ファンドのある一銘柄による個別銘柄リスク = その銘柄の組み入れ比率
    で算出ができます。

    (組み入れ比率は運用報告書または月次報告書で確認できます。)


    2.具体例

    例えば「DLIBJ公社債オープン(短期コース)」の保有銘柄「20回 シャープ転換社債」の投資比率は、6.41% ※1 です。このため、もしもこのシャープ社債が突然紙切れになった場合、その事によりファンドの基準価額は6.41%下落します。

    ですので、このファンドの「シャープの銘柄リスク」は6.4%程度と考えておいて良いはずです。(シャープの影響によって、基準価額が6.5%以上下がる事はありません。)

    ※1 2012年7月末時点での値
    ※1 参照:月次運用レポート(リンク最終確認:2012/8/14)


    3.個別銘柄リスクを避けるには

    「ファンドへの投資額を控えめにする」
    「より広く分散された金融商品を選ぶ」
    等をすれば、個別銘柄リスクを減らす事ができます。


    注意

    ここでは個別銘柄リスクについて言及しました。ですが通常個別銘柄リスクといえば、金融工学的なあのリスク(銘柄iの期中リターン分布の標準偏差、σiとかで表現します。)を指します。混合に注意してください。

    関連記事
    2012.08.14 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。