スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    毎月分配型投信のデメリットについて
    Kapok の資産運用投資対象投資信託
    毎月分配型投資信託を用いた資産運用には、もちろんデメリットもあります。
    デメリットとして思いつく事を列挙してみます。

    1. 高コスト


    一般的に、毎月分配型投信の運用コストは高めです。コストは運用成績決定要因の1つであり、高コストは運用成績下落要因です。ここでは特に、信託報酬および税制上のコストについて言及します。

    1-1 信託報酬

    毎月分配型投信の信託報酬は高めとなる傾向が見られます。一般的に毎月の情報開示が充実していますが、運用者側にとってはそれは手間であり、その分信託報酬が高めになるのでしょうか。

    また、キャッシュフローが複雑で、それに付随したいろいろな手間がかかるのも、信託報酬が高くなる一因なのかも知れません。


    追記(2012/11/16)

    調べてみた所、毎月分配型投信の信託報酬が1年決算型と比べて高いという事実は確認できませんでした。↓の記事参照:

    http://kapokpokpok.blog63.fc2.com/blog-entry-421.html
    http://kapokpokpok.blog63.fc2.com/blog-entry-422.html
    追記ここまで

    1-2 税制上

    普通分配金には課税されます。これが運用成績の下落につながります。値動きや投資戦略によっては、分配金を出さない(内部留保型)投信による運用と比較し、随分と不利になるパターンがあります。


    2. 仕組みが複雑なものがある


    毎月分配型投信は、その種類が充実している反面、中には極めて複雑な仕組みの投信が設定され、売られていたりします。明らかに投資初心者には向かない商品もあります。

    商品が充実している事自体は素晴らしい事だと思いますが、選んで買う際は注意が必要になります。


    3. デメリットについて考え、思った事(身も蓋もありませんが)


    この度毎月分配型投信について考えましたが、分配方針の違いが運用成績に与える影響は、意外に小さい事も多いです。メリットとデメリットをよく比較し、自身の投資戦略・思想に合う金融商品を用いた柔軟な資産運用を心がけたいものです。

    関連記事
    2012.09.17 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。