スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    毎月分配型投信の信託報酬は、「高くはない」
    Kapok の資産運用投資対象投資信託
    先日のブログ記事「毎月分配投信の信託報酬は高め」という統計的事実はあるのか?で、分配頻度と信託報酬との相関について投稿したところ、吊られた男さんから「これは他要因(アセットの違い等)の影響はどうなんでしょうね。」というコメントを頂きました。

    ご指摘のとおり、一方が他方に比べて高コストなアセットクラスを著しく多く含んでいた場合、確かにフェアな比較ではありません。平均値は変に引っ張られてしまうからです。ですので、今回アセットクラス毎に調べてみました。


    1. 決算頻度と信託報酬との関係


    今回も前回同様、SBI証券のFサーチに登録されているファンドの決算頻度と信託報酬の関係を調べました。サンプル数の確保の観点から、「新興国債券」「先進国株式」「先進国債券」の3アセットを調べました。この3アセットは、毎月分配型も1年決算型もともに10本以上のファンドが検索に引っかかりました。

    隔月決算・四半期決算・年2度決算のファンドについては、サンプル数が少ないため、今回は調べません。また、インデックスファンドは、アクティブファンドと比べ信託報酬が安いことが知られていますが、一方が他方に比べインデックスファンドを多く含む場合は、(アセットクラスの議論同様に)フェアな比較になりませんので、インデックスファンドを除外し集計しました。


    2. 結果


    heikinsintakuhousyu.png
    ※クリックで拡大します。
    ※平均値の誤差は、標準偏差÷√サンプル数の値を採用



    3. 比較から分かる事


    どのアセットクラスでも、毎月分配型投信の平均信託報酬は1年決算型のものと比べ低くなりました。必ずしも統計的優位な差であるとは言えない箇所もありますが、「毎月分配型投信の信託報酬が高い」という結果は出ませんでした。


    4. 結論とその解釈


    毎月分配型の信託報酬が高いという統計的事実は観測できませんでした。毎月分配型は運用や分配に手間がかかる分、信託報酬が高めになるというお話がありますが、他の決算方法と比べ手間に大差はないのかも知れません。

    もしくは、毎月分配型ファンドは人気が出ますから、資金も多く集まり、結果として低い信託報酬でも十分な採算が取れるのかも知れません。
    関連記事
    2012.11.10 / コメント:: 3 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。