スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    株式投資のプロの運用ツール「マルチファクターモデル」
    Kapok の資産運用投資手法投資心理・哲学・雑感
    プロの運用ツールと「マルチファクターモデル」についての説明がありましたので、引用・紹介します。オリジナルの記事は↓です。

    山崎元「ホンネの投資教室」:第184回 ポートフォリオ管理のツール3点セット(リンク最終確認2012/11/22)


    1. マルチファクターモデルとは


    ――――――――引用ここから――――――――
    マルチファクターモデルは、通常、リターンの動きに影響する(ということは、同時にリスクにも影響する)数十個の要因で、株式ポートフォリオのリスクを推計しようとする、大がかりな統計モデルだ。

    要因(ファクター)として採用されるものは、企業の規模や自己資本比率、あるいは海外売り上げ比率、株価と純資産の比率のような株価の割安・割高指標など、株式としての一般的性質に関わるデータとその銘柄が属する業種分類(数十業種に分類されることが多い)との二つであることが多い。
    ――――――――引用ここまで――――――――

    ざっくりと言えば、ある銘柄のリスク・リターンや他銘柄との相関を、種々のデータから推計し、目的に合う適切なポートフォリオを構築するために利用されるモデルの1つです。


    2. 高価で個人投資家は手が出せない


    マルチファクターモデルは種々の情報とセットで、ツールとして販売されているようです。ですがこの商品、データの取得・検証だけでもかなりの手間がかかっている事もあり、月額数十万円程度の高価なものになっているようです。個人投資家は手が出せませんね。


    3. プロは個人投資家よりも断然多くの情報を持っている


    昨今では個人投資家もプロに匹敵する情報が得られるようになってきたと言われてはいますが、依然として情報の量・鮮度やその処理は、プロの方が随分と有利そうです。株式投資の世界に足を踏み入れる個人投資家は、こういう事も知っておくべきだと思いました。


    関連記事
    2012.11.22 / コメント:: 4 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。