スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    モンテカルロ・シミュレーション
    Kapok の資産運用投資手法用語説明
    モンテカルロ・シミュレーションは、乱数を用いたシミュレーションです。解析計算では難しかったり、面倒くさかったり、そもそも不可能だったりするものでも、乱数を使ったシミュレーションを行えば近似解が出るものも多く、いろいろな場面で使われています。

    資産運用の世界でももちろん有用です。
    モンテカルロ・シミュレーションについて、いくつか書いてみます。


    1. 「モンテカルロ」の名前の由来


    wikipediaのモンテカルロ法についての記事(リンク最終確認:2012/11/29)によると、カジノで有名な国家モナコ公国の4つの地区(カルティ)の1つであるモンテ・カルロから名付けられたようです。

    ギャンブルともよく馴染むシミュレーションなのでしょうね。


    2. 「モンテカルロ・シミュレーション」の略し方


    英語では、Monte-Carlo Simulationですので、この頭文字をとってMCと略す事が一般的です。(「モンテ」と略す人も若い人に多いという気がしますが、これは私の出身の研究室の「方言」である可能性もあります。)


    3. どんな事ができるか


    手間と時間さえかければ、(あとアイデアがあれば、)結構何でもシミュレーションできるはずです。このブログでも、資産運用に関係した、いろいろな簡単なシミュレーションを公開しています。

    例えば、「リスク資産における複利効果の有無について」はモンテカルロ・シミュレーションを用いた考察です。モンテカルロ・シミュレーションを使えば、ブログ記事のバリエーションも増えて、いいものだと思います。


    4. Excel関数とモンテカルロ・シミュレーション


    セルに、「=rand()」と入力すれば、0以上1未満の数が得られます。
    if文に挟むと、例えば「=IF(RAND()<0.5,1,0)」としてコピペしますと乱数列が得られます。条件を変えると、「55%の確率で3%増え、45%の確率で2%減る」なども表現できます。


    5. 個人投資家の資産運用とモンテカルロ・シミュレーション


    この2つも、よく馴染む気がします。自身の資産がどのように推移する事が考えられるのか?などを乱数を使って考えてみるのも良いでしょうね。

    関連記事
    2012.11.29 / コメント:: 3 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。