スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    「負けてる投資家は負け続ける」 負けた時どうするか?
    Kapok の資産運用投資手法シミュレーション
    過去記事「リスク資産における複利効果の有無について」において、モンテカルロ・シミュレーション(乱数シミュレーション)を行いましたが、その結果について、思った事を書いていきます。


    1. シミュレーション内容・結果(再掲)


    i 設定

    ①50%の確率で資産が2.1%だけ増加
    ②50%の確率で資産が2.0%だけ減少
    する金融商品があったとします。

    これを保有した時に、どのような値動きになる事があるかをシミュレーションしました。

    ii 結果

    risk_098_1021.png
    ※クリックで拡大します。
    ※赤線(太線)は、各々の値動きの平均値になります。



    2. 勝ってる投資家は勝ち続け、負けてる投資家は負け続ける


    結果を見て思う事です。Tansney Gohnさんからもコメントでご指摘頂きましたが、「平均値に既に勝っている投資家は勝ち続けて、負けている投資家は負け続ける」傾向があると分かります。(赤線より下の線は下のままですし、上の線は上のままですよね。)

    同様に、「含み損の投資家は含み損のままで、利益が出ている投資家は利益が出たまま」だと分かります。(倍率が1倍を切った線は含み損を表しますが、1倍を切っている線はプラ転はなかなかありません。)


    3. その理由は?


    「負けている投資家が、負けをひっくり返して勝ちとなる確率」と「勝っている投資家が、現状を維持する確率」とを比べた時、後者の方が高確率だからです。

    理論については、やはりTansney Gohnさんから教えて頂いたpdfファイル
    逆正弦法則の一般化に向けての一考察 (リンク最終確認2012/12/5)
    の中で言及があります。


    4. 負けた時、どうするか


    i とるべき対応

    対応は投資家それぞれだと思いますが、私ならば投資行動を省みて、負けた要因を深く探り、それが見つかればそれを排除し、必要ならば損切りをし、対策を練っていきたいと思います。

    そうしないと負け続ける気がするからです。上記対応が正解ではないのでしょうか。

    ii ところが積立投資をしていると

    私は積立投資もしていますが、それをしていると、なかなか上記対応が取れない気がします。「含み損=安く買えるからO.K.」みたいな、落ち着いて考えれば意味不明と分かる楽観論が、それっぽく聞こえる事もあるから不思議です。(積立投資は、思考停止に陥り安い投資手法ですよね。)

    ですが、駄目なアセアロで積み立てたり、駄目な銘柄を積み立てたりしていると、多分いつまでたっても儲かりませんし、そのうち負けるはずです。

    だからこそ、含み損が出た場合は良く省みて、投資手法の改善のチャンスにするという強い気持ちを持ちたいです。

    関連記事
    2012.12.05 / コメント:: 4 / トラックバック:: 1 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。