スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    積立投資の魅力・メリットについて
    Kapok の資産運用投資手法ドル・コスト平均法
    私は資産運用において「積立投資」を実践しています。この手法の魅力・メリットについて、思う事を書いてみます。


    1. システマティックな買付による、結果が出にくい裁量取引の排除


    ルールとして買付(積立)を設定していますので、淡々と買っていけます。

    一般的な心理としては、上昇相場が続き、巷に投資教本が溢れてるような幸せな相場環境で、「買付額を増やしたい」と思いますし、悲観一色の相場環境で、「怖くて買付を躊躇、止めたい」と思います。

    ですが、大抵前者は「高値掴み」、後者は「安値拾いの機会損失」となります。これを避けるためにも、淡々と積み立てる積立投資は良いと思います。


    2. 徐々に増加する資産を楽しめる


    積立投資では、運用金額が徐々に増えていく事になります。(基本的に運用額は、あたかも入金額に引っ張られている様な動きをします。入金総額が増えるに伴い、運用額も増えていきます。)

    運用額が徐々に増える事には、一長一短あるでしょうが、資産が形成されていく様子を眺めるのは楽しいものです。

    心理学的にも、「ゆっくりと豊かになる」のは「(宝くじに当たる等で)一気に豊かになる」のと比べて、幸福感が大きいと言われているようです。

    勿論、ただ給料が預金口座に入金されるだけでも、(多く使わなければ)資産は増えて行くのでしょう。けれども、資産運用・管理していればその増える様子もよく分かり、楽しむ事ができると思います。


    3. 資産運用の知識が蓄積していく


    積立投資は、退場しにくい運用手法だと思います。負けてもナンピンをする形になりますので、少なくとも「一発退場」にはなりにくいですよね。

    このことから、長期で運用に携わる事になり、結果として資産運用の知識が蓄積されていく、というメリットがあると思います。



    追記(2013年1月10日)

    ↓ 積立投資のデメリットについても、記事を書いてみました。
    「積立投資」を行う際に注意したい事(デメリットについて)

    関連記事
    2012.12.31 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。