スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    「積立投資」を行う際に注意したい事(デメリットについて)
    Kapok の資産運用投資手法ドル・コスト平均法
    過去記事「積立投資の魅力・メリットについて」で書いたように、積立投資はいくつかのメリットがあると思い、私は積立投資を行っています。

    一方で、デメリットもあります。自戒の念を込め、気になる点を挙げていきます。


    1. 気付かぬ内にリスク増大


    積立投資をしていると、ゆっくりと運用額が増えていきます。それに伴い、ゆっくりと「運用額の変動の大きさ(リスク(額)とも言います)」も増えていくものです。

    運用資産の損失額が、大きくなる可能性が増えるわけです。運用額の変動幅が、精神衛生上よろしくないレベルまで大きくはならないように、運用額やアセットアロケーションを、時々はじっくりと吟味してみる事が必要だと思います。


    2. 運用の間違いに気付きにくい


    i) 損益から、有利不利が判断しにくい場合

    上がったり下がったりしながら、下がっていくような碌でもない金融商品があるとします。この金融商品を積み立てた場合、買付のタイミングが分散される関係で、全体的に下落傾向であるにも関わらず、含み益となる事があります。

    含み益が出ているから正解と思い、積立を止めなかった場合、最終的に損する事になります。積み立てていても、「その金融商品が本当に有益なものなのかどうかを考える事」を、止めないようにしたいです。


    ii) そもそも運用を省みる機会が無い

    システマティックに積立ていれば、アセット・アロケーションや投資対象が、実は不利なものだとしても、それに気付く機会が無いかも知れません。考えなくても、淡々と積み立てる事ができるからです。

    たまには、積立方針が正しいか、吟味したいものです。


    iii) 運用の勉強をしなくなる可能性

    運用方針・積立方針が決まり、それを実行中の場合、ある程度方針に自信があるはずです。その分、「もっと良い運用をしよう」という気持ちが希薄になり、運用の勉強をしにくくなる事が心配です。


    3. コストがかかる


    積立投資に限りませんが、運用規模が大きくなるに従って、支払うコストの額は増えていきます。投信での運用であれば、支払っている信託報酬額は増加していきます。利益にかかる税金等も結構な額になります。

    運用額が増えてからコストに狼狽するのではなく、事前にある程度のコストシミュレーションをしておきたいものです。



    関連記事
    2013.01.10 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。