スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    「匿名ブロガーの情報発信」に関する所感
    Kapok の資産運用その他思った事・思索・所感
    匿名ブログの匿名性に関連する事について、私が今(2013年2月現在)考えている事を書いてみます。


    1. 匿名ブログのメリット


    匿名ブロガーは、自身の身分を明かしていない事により、制約が無く、自由に情報発信をする事が可能です。このため、公式には提供されにくい種類の情報の提供や、本音での活発な議論が可能となる事があります。

    これらは、匿名ブログのメリットです。


    2. 匿名ブログのデメリット


    一方で匿名ブロガーは、その匿名性をいいことに、他者や企業を悪意を持って中傷する行為が可能です。ただしこれはモラルに反します。

    他者への配慮は必要で、「記事を書かれた者が、どう考え、どのような気持ちになるのか」まで慎重に熟慮し、考えた上で記事を書かないといけません。

    匿名ブログは、ブロガーが「記事を書く際に必要な、他者への配慮」にまで、考えが及びにくい点が、デメリットです。


    3. 中庸は難しい


    上記の2点(情報発信の自由と、他者への配慮)は相反するものとなる事があり、その中庸をとる事は難しい場合もあります。


    4. その他、注意したい事


    下記のものは、「匿名ブログ」に限った事でもないと思いますが、書いておきます。


    i) アクセス数が多いブログの管理人の責務

    アクセス数が増えてきた場合、提供する情報の正確性に十分気を遣うべきです。誤報記事を多くの人に晒してしまい、多くの人を混乱させてしまうのは、モノ書きとしての社会的責務が果たせていないと言わざるをえません。


    ii) 議論・反論が可能となる状態とすべき

    ブロガーは、特定の人・商品・サービス等に対する批判や疑念の表明もできますし、不確かな情報の発信もできます。ただし、このような情報をインターネットに晒すのであれば、それに対する議論・反論が随時受け付けられるための工夫、例えばブログコメントの即時開示などをするべきです。


    iii) 批判の対象となる覚悟

    何かを書いたり、何かをしたりしますと、どこかの誰かの癇に障る事もあるでしょうし、それによって批判や意味不明なバッシングを受ける事もあるでしょう。これに対する覚悟は持っておくべきです。



    関連記事
    2013.02.12 / コメント:: 8 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。