スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    「いつかはゆかし」をどう思うか?
    Kapok の資産運用投資手法投資心理・哲学・雑感
    最近広告をよく見かけ、投信ブログでも話題の絶えない、海外ファンド積立サービスの「いつかはゆかし」について私が個人的に考えている事を投稿します。


    1. 投資環境の充実は素晴らしい事


    詳細はブラックボックスですが、「いつかはゆかし」のサービス開始により、個人投資家は今まで投資することができなかったファンドに、投資する事が可能になります。

    投資環境が充実するわけですから、この点は素直に嬉しく思います。


    2. 敷居はやや高いか


    細かい点は不明ですが、下記画像の通り、月々5万円もしくは10万円の積立で、積立期間の設定も必要であると読み取れます。この条件は、私のように運用規模の小さい投資家には、やや敷居が高いです。

    yukashi.png
    ※クリックで拡大します。
    ※赤の下線は私が加工しました。
    ※引用・参照:いつかはゆかし Q&A (リンク最終確認:2013/2/26)



    3. 悪評とその真偽、および対応について


    「いつかはゆかし」のサービスに対する不信感を表明している記事は多いです。ただし、これらは「出所不明(検証不能)」もしくは「取るに足りない」ものが多く、現時点で議論の対象にはならないと感じています。

    もし悪評が真実である場合、遅かれ早かれ金融庁のサイトに「いつかはゆかし」は吊るし上げられるでしょう。真偽不明の現時点での対応としては、「暫く(数年間)様子を見て、大丈夫そうである場合には、投資を検討してみる」のが良いのではないでしょうか。

    年10%の利回りが本当に実現可能である場合、投資助言料(積立残高の0.945%/年)は驚くべき安さですので、このサービスを利用しないのは勿体無いです。

    関連記事
    2013.02.26 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。