スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    含み益がある際に、ドルコスト平均法による投資を継続すべきか否か?
    Kapok の資産運用投資手法ドル・コスト平均法
    ある金融商品を、含み損がある期間に、ドルコスト平均法等を採用した買付を行うと、平均取得価額が下がり、ある意味で有利な投資を行う事が可能になります。

    一方で含み益がある場合は、買付によって平均取得価額が上がってしまいます。これは不利になるため、積立をやめるべきなのか?という疑問が発生します。これについて考えていきます。


    1. そもそもドルコスト平均法で儲かる場合の仕組み


    1-1 ドルコスト平均法で儲かる投信A

    下図のように基準価額が、10,000円→4,000円→3,000円→5,000円と推移した金融商品「投信A」を、ドルコスト平均法で積立てた場合について考えます。
    投信Aにドルコスト平均法を用いた買付を行った場合

    この商品を10,000円ずつ積み立てていた場合、最後は表のとおり4,167円の利益になります。


    1-2 利益が出るメカニズム

    利益が出た理由を、「含み損が出ている時間t=2,3 の間に、継続購入する事で、平均取得価額が下がり、利益に繋がった」と解釈するのは、間違いではないです。

    ですが、このレベルの理解ですと、最初の問い「含み益時に積み立てて良いかどうか」に答えられません。含み益が出た理由を詳しく書くと、下のようになります。

    ①t=1 で買い付けた10,000円は、最後5,000円になり、5,000円の損です。
    ②t=2 で買い付けた10,000円は、最後12,500円に増え、2,500円の得です。
    ③t=3 で買い付けた10,000円は、最後16,667円に増え、6,667円の得です。

    ①②③合わせて利益の4,167円となります。


    利益が出た理由は、「②③で安く買ったものが高くなった効果が、①で高く買って安くなってしまった効果よりも大きかったから」です。


    2. 含み益がある期間に、ドルコスト平均法による積立を継続すべきか否か


    2-1 結論

    上記の通り結局の所は、「安く買って高く売れるか」です。平均取得価額などという小難しい割に役に立たないパラメータを気にする事はありません。

    積立投資の継続するかどうかは、
    ①積立てている金融商品を、今より高く売れると思えば、積立を継続
    ②積立てている金融商品が、今より高く売れないと思えば、積立を中止

    すれば良いわけです。

    単純ですね。
    最終的には、投資家それぞれの投資観・投資哲学が試されるわけです。


    2-2 注:投資家の裁量によるデメリットついて

    ところで、ドルコスト平均法による継続投資のメリットとして、「システマティックな手法により、人の心理に起因する非合理的で間違った判断を排する事ができる」が挙げられます。

    積立の継続・中止を投資家裁量で判断してしまいますと、ドルコスト平均法のこのメリットが無くなります。メリット・デメリットどちらが大きいかは、慎重に比較・検討する必要があります。「どう考えてもバブルだ」と思う時だけ、積立購入を停止するのも良いと思います。




    関連記事
    2013.04.05 / コメント:: 8 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。