スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    6月の日経平均株価騰落率の推移(Sell in May しておくべきか?)
    Kapok の資産運用投資環境日経平均株価
    「5月にリリースされた決算短信に記述されている、新しい業績予測による期待相場」が一服するため、6月は軟調な相場となる傾向があると、聞く事があります。

    日本では、6月に入る前に株を売却(Sell in May)しておく事は、運用成績に効果的でしょうか?過去の日経平均株価の騰落率推移を調べてみます。


    1. 月間騰落率推移の「元データ」と「集計方法」


    1-1 データの取得

    データは、↓のリンクから取得しました。
    株価データ倉庫(リンク最終確認:2013/5/2)

    1-2 集計方法

    1984年から2012年までの、29年間の6月騰落率を集計しました。
    ここで騰落率は、

    騰落率=(終値-始値)÷始値

    で定義しています。


    2. 結果(6月日経平均株価の月間騰落率推移)


    nikkei225_June.png
    ※クリックで拡大します。

    横軸が西暦で、縦軸が6月騰落率です。


    平均値は -0.1%±1.0%
    標準偏差は 5.5%

    最大値 +8.9%(1999年)
    最小値 -13.0%(1992年)

    となります。

    ※平均値の誤差は、「標準偏差÷√サンプル数」の値を使っています。


    3. 所感


    6月騰落率の平均値を見ると、-0.1%でマイナスの値です。ですが+9%上昇する年もあり、統計的有意な6月の株価下落傾向は観測できません。つまり、「Sell in May しておくべきか?」に対する回答は「分からない」となります。

    「Sell in May」戦法により、5月の内に株を売っておくのは、有利になる年もあれば、不利になる年もあります。今年はどうなるでしょうかね。「6月相場による解答」を楽しみにしておきましょう。


    関連記事
    2013.05.02 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。