スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    資産運用出口戦略 「等口数売却」と「等金額売却」との比較
    Kapok の資産運用投資手法出口戦略
    金融商品の買付手法の1つである「等金額買付」は、「等口数買付」と比べて、平均取得価額の観点で有利だと知られています。(ドル・コスト平均法の説明などで、良く言及されていますよね。)

    この反対に、運用資産の売却時は、「等口数売却」が、「等金額売却」と比べて、平均売却価額の観点で有利となります。具体例を挙げ、それに関する特性をまとめます。


    1. 投信売却時の「等口数売却」と「等金額売却」との比較


    例として、下図に示す通り、基準価額が8,000円→16,000円→6,000円→10,000円と推移した投信を考えます。(投信の基準価額は、1万口あたりの値段とします。)

    この投信を、1万口ずつ「等口数売却」した場合と、1万円ずつ「等金額売却」した場合とを比べます。

     「等口数売却」と「等金額売却」との比較
    ※クリックで拡大します。


    結果です。「等口数売却」も「等金額売却」も、どちらも4万円分売却しています。一方で、解約した口数は、「等口数売却」が40,000口、「等金額売却」が45,417口で、「等金額売却」の方が10%以上多くの口数を解約して減少させた事になっています。

    このことからも、「等口数売却」は、「等金額売却」と比べて、平均売却価額の観点で有利だと分かります。「等口数売却」は、「高値で多く売り、安値ではあまり売らない」事がシステマティックにできる、有利な手法だと考える事ができます。

    ※数式を用いた一般論(過去記事)は↓
    投信運用出口戦略には、「等口数解約」が効果的

    注意) 資金が尽きるタイミングの違い次第では、「等金額売却」の方が「等口数売却」よりも有利(平均売却価額が上がる)となるパターンも存在しています。


    2. 「等口数売却」と「等金額売却」との、その他の特性の比較


    その他、メリット・デメリットを箇条書きにします。

    2-1. 等口数売却

    メリット:
    売却が完了する時期を読む事が出来る。

    デメリット:
    売却時の売却金額が読めない。(キャッシュフローが安定しない。)
    自動売却(等口数売却)のサービスは、まだ無いため、手動の解約が必要になる。

    2-2. 等金額売却

    メリット:
    売却時の売却金額が決まっている。(キャッシュフローが安定している。)

    デメリット:
    売却が完了する時期が読めない。(想定よりも基準価額が上がれば、売却期間が長くなる半面、基準価額が下がれば、資金が尽きる時期が前倒しとなる)


    3. 所感


    3-1. 結局は環境に応じて柔軟に

    平均売却価額の事のみを考えると、「等口数売却」が良さそうですが、一長一短なので、環境に応じて柔軟に解約手法を設定していきたい所です。


    3-2. 「等金額売却」のサービスをうまく利用するのも有り

    「等口数売却」と「等金額売却」とで平均売却価額が異なる原因は、基準価額の変動です。ですから、売却前後のライフステージで、ボラティリティを抑えた運用をしていれば、「等金額売却」によって、「等口数売却」と比べて不利ではない売却ができ、かつ安定したキャッシュフローが得られるため、良いかも知れません。


    3-3. 出口では毎月分配型投信の利用も有り

    基準価額が高い時に多く分配をして、基準価額が低い時に分配金を減らすタイプの毎月分配型投信は、「等金額売却」に比べて「等口数売却」に近いキャッシュフローとなります。ですので、出口戦略に有効に利用できる場合があります。


    関連記事
    2013.05.09 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。