スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    投資家が「細かな利確」「まとめて損切」をしてしまう理由と、そのデメリット
    Kapok の資産運用投資手法行動ファイナンス
    投資家は、心理効果に起因して、利益確定は細かく行い、損切はまとめて一気にしてしまう傾向があるようです。この傾向は、学術論文で指摘されています。

    ※学術論文: "Do Investors Integrate Losses and Segregate Gains? Mental Accounting and Investor Trading Decisions," Sonya Seongyeon Lim / 2006, Journal of Business


    1. 「細かな利確」「まとめて損切」をしてしまう理由


    細かな利確をするのは、「その都度利益が出た喜びを味わいたいから」と解釈できます。損切をまとめて行うのは、「損失の苦痛を1回きりにしたいから」と解釈できます。


    2. 「細かな利確」と「まとめて損切」のデメリット


    このように、心理的には「細かな利確」と「まとめて損切」をしたくなります。ですが、それぞれにデメリットがあります。

    2-1. 「細かな利確」のデメリット

    ①売却によって機会損失となる可能性があります。
    ②売買手数料がかさみます。

    2-2. 「まとめた損切」のデメリット

    ①ポートフォリオに大きな変化を与えます。
    ②時間分散ができないために「大底で全部売る」危険があります。


    3. その利確・損切は合理的か?


    全ての投資家はいずれ保有銘柄の売却を行いますが、「その売却方法・売却規模は適切かどうか?心理効果に翻弄されていないか?」に注意をしたい所です。


    4. 参照


    この記事は↓のリンク記事の要約と所感として作成しました。
    Integrating Losses and Separating Gains(Financial Education) ※リンク最終確認:2013/5/30


    関連記事
    2013.05.30 / コメント:: 5 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。