スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    なぜ、割安のまま放置されてしまう割安株があるのか?
    Kapok の資産運用投資手法投資心理・哲学・雑感
    賢い投資家が鞘取りを行っているために、市場は効率的で、株には多くの情報を織り込んだ、「ある程度正しい株価」がつくと言われています。ところが実際には、株価が妙に割安で、しかもそれが、そのまま長年放置されている割安株が存在していたりします。

    どうしてこのような事が起こるのでしょうか。理由を4点紹介します。


    1. 株価が異常値のまま放置される理由


    1-1. 株価が異常値である事を認識できないため

    株価の異常値に論理的な説明ができない場合、慎重な投資家は「自分の知らない情報によって、このような株価が形成されている」と考えるかも知れません。この場合、その投資家はこの株で儲けようとは思わないため、正しい株価へ向かう売買は行われず、結果として株価は異常値のまま放置される事になります。


    1-2. 売買コストが多くかかるため

    特に、流動性が低い株ですと、鞘取りのコストが多くかかり、それが鞘取りのリターンを上回ってしまう事があります。この場合鞘取りはされませんので、株価の異常値は放置されます。


    1-3. 鞘取りで十分な利益が得られないため

    株価の異常が軽微ですと、調査コストや、株価異常値が解消されるまでの時間コストを加味すると、鞘取りをする意義が無くなる場合があります。この場合も鞘取りがされないため、株価の異常値は放置されます。


    1-4. 売買の制約があるため

    「空売りができない」等の制度的な制約により、株価の異常値が解消されない場合があります。


    2. 割安なままの割安株


    上記のように、特に「情報が少なく、売買しにくい株」の株価は異常値がつき、それがなかなか解消されないかも知れません。

    割安株投資は
    ①割安株は見つけられるか? に加えて
    ②その割安さは、将来本当に解消されるのか?

    に注意をしたい所です。


    3. 参照


    この記事は、↓のリンクの記事をベースに作成しました。
    Why Apparent Efficient Market Anomalies May Persist(Financial Education) ※リンク最終確認:2013/6/8

    関連記事
    2013.06.08 / コメント:: 4 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。