スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    「変則型ドル・コスト平均法」の利用について
    Kapok の資産運用投資手法ドル・コスト平均法
    通常のドル・コスト平均法では、「毎月、同じ金額だけ投資(投入)する」事になります。一方でこのシステムを加工して、「含み益がある月は少なめの金額を、含み損がある月は多めの金額を投資する」というシステムを考える事ができます。

    このシステムを「変則型ドル・コスト平均法」と呼び、これを吟味してみます。


    1. 変則型ドル・コスト平均法のバックテスト


    1-1. 日経平均株価を用いたテストと、その方法

    1984年1月から、2013年7月までの355ヶ月間の、日経平均株価の「月末の終値データ(ただし2013年7月は、7月3日終値データ)※1 を使います。これを積立をした場合どうなっていたのかを考えます。

    ①毎月30,000円を積立てる(通常のドル・コスト平均法)
    ②含み益→10,000円のみ積立。 含み損→50,000円の積立。(変則型ドル・コスト平均法)

    ※1 誤植訂正(2013/7/7) 【誤】月初の終値データ→【正】月末の終値データ・・・


    1-2. 結果

    dc_ave_hensoku_ta.png
    今回の場合は、変則型が16.6%のリターンを上げ、通常のドル・コスト平均法のリターン(-1.9%)を大きく上回る結果となりました。

    変則型は、「含み損の期間≒株価が低めの期間」に、多くの資金を投入するために、下図の通り平均取得価額が下がりやすくなり、リターン(率)および勝率が高くなります。

    dc_ave_hensoku_c.png
    ※クリックで拡大します。


    2. 変則型ドル・コスト平均法のメリット・デメリット


    通常のドル・コスト平均法と比較した時の、変則型のメリット・デメリットをまとめます。

    2-1. メリット

    平均取得価額を下げられるため、
    ①リターン(率)が高くなる。
    ②勝率が高くなる。

    2-2. デメリット

    ①投入金額が変則的となり、安定しない。
    ②含み益のある期間の投入金額が小さくなるため、更に株価が上昇した際に機会損失を被る。


    3. 変則型ドル・コスト平均法のチューニングパラメータ


    変則型ドル・コスト平均法は上記の通り、メリット・デメリットがあります。投資家それぞれのリスク許容度や投資哲学に合うように、下記のパラメータをうまく調整して使うのも良いかもしれません。

    ①含み益時の積立金額→小さいほど勝率が上がり、逆張型の投資になります
    ②含み損時の積立金額→大きいほど勝率が上がり、逆張型の投資になります

    ③’追加システム 〇〇%以上の損失時は、積立額を××円増額→平均取得価額が下がりやすくなり、勝率が上がります。


    4. 私自身はどういうパラメータを使っているか


    私は、2013年7月現在、
    ①含み益時→30,000円の積立
    ②含み損時→50,000円の積立
    というパラメータを採用しています。

    あまり金額に差がありませんので、通常のドル・コスト平均法にかなり近いです。ですが、逆張のための低リスク資産が多めのアセット・アロケーションで運用している兼ね合いや、運用規模はある程度大きくしていきたい事、等があり、この金額に適当に決めています。

    運用規模がある程度大きくなった段階で、積立金額の変更が必要だと考えていますが、現状はこの値でやっていきます。

    関連記事
    2013.07.04 / コメント:: 6 / トラックバック:: 2 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。