スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    アセットクラスのリスク水準の変遷とその対応について
    Kapok の資産運用投資手法投資手法考察
    資産の値動きの大きさの程度を表す指標として、「リスク」があります。一般的に、リスクは時期によって大きくは変化しないと言われていますが、アセットクラスによってはこのリスク水準が大きく変化する事もあるようです。


    1. 「リスク」は変化していくもの


    下図は、各資産のリターンとリスクの変遷です。

    1994年1月~1998年12月
    1999年1月~2003年12月
    2004年1月~2008年12月
    2009年1月~2012年9月
    の4期間で、リスク・リターンがどう変化していったかを示しています。

    assetriskvar.png
    ※1 クリックで拡大します。
    ※2 参照:
     Funds-i 鵜目鷹目ポートフォリオにおける米ドル建て新興国債券(円ヘッジ)の位置づけ
     (リンク最終確認:2013/9/9)


    各アセットクラスでリスクは少々動いています。特にエマージング債券円ヘッジには、著しいリスク水準の変化があります。


    2. 保有アセットクラスのリスクのモニターも必要


    上記の事から、今後もアセットクラスのリスク水準は変化していく事が予想できます。これにより、最初に決めたアセットアロケーションが、時間と共に運用指針に合致しなくなってくる可能性も出て来ます。

    長期投資においては、このように、いつの間にかリスキーなポートフォリオになっている事は避けるのが望ましいです。そのために、資産クラスのリスクの程度は、ある程度モニターしながら運用する方が良いかも知れません。


    関連記事
    2013.09.09 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。