スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    条件付き規約の守備範囲: シンプルなルールほど、強い理由は?
    Kapok の資産運用その他思った事・思索・所感
    ルールや規約の範囲とシンプルさについてのお話です。シンプルで抽象的なものほど、強いというお話がありますが、その理由について考えてみます。


    1. ルールの比較(例題)


    例として、2つのルールを比べます。

    ①軍隊を持ってはならない
    ②戦争のための、軍隊を持ってはならない


    ルールのシンプルさの比較:
    ①の方がシンプルです。
    ②は「戦争のための」という条件が入っている分、複雑な構造をしています。

    ルールの強さの比較:
    ①のルールでは軍隊は持てません。
    ②のルールでは、戦争以外の目的での軍隊の保持を否定できておらず、自衛のための軍隊の保持はルール違反ではないと主張する余地があります。


    2. なぜルールはシンプルなものほど制約が強くなるか?


    上記の例では、シンプルな①のルールの方が制約が強くなっています。一般的に、ルールはシンプルで抽象的なものほど制約が強くなります。

    抽象的なものほど、守備範囲が広くなるからです。他方で条件が複雑に付けばつくほど具体的になりますが、そうなるにつれて守備範囲が狭くなり、拡大解釈の余地や、洩れ・抜けが出てくる可能性が高くなってきます。


    3. この性質をどこで生かすか?


    ルールを作る立場:
    規定や要項を作る立場であれば、シンプルさと抽象度の高低を意識すると、思い通りの運用を行う一助になるはずです。

    ルールを見る・読む立場:
    投資家としては、企業理念や運用方針などのルールを抽象度と守備範囲の視点で眺めてみるのは面白いものです。

    ルールを守る立場:
    具体的なルール程、抜け道が多くあります。ルールの条件下で自己の自由と利益を最大化するために、ルールの論理構造を良く見てみるのも良いと思います。


    関連記事
    2014.04.26 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。