スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    年齢別 NISA口座での買付額分布とその印象(2014年3月時点)
    Kapok の資産運用投資環境NISA
    金融庁で「NISA口座の利用状況等について」という資料が公開されています。2014年3月末時点でのNISAの利用状況が分かる資料です。

    NISA口座の利用状況等について
    リンク最終確認:2014/6/30


    1. NISA口座での買付総額の年代別分布


    資料にはNISA口座での金融商品買付総額の年代別分布が含まれていました。
    分布は下図のようになります。

    nisa_kaitsuke1q.png
    ※クリックで拡大します。
    ※画像は上記資料のpdf 3枚目から引用しています。


    2. 退職後世代の買付額の多さ・サービス対象世代の偏りの予測


    3月末時点では、退職後世代である60歳代以上の買付額が64.9%と、過半数を大きく超える値となっていました。なんとなく考えていたよりも、高齢層向けの制度になったという印象です。

    このことから、提供されているNISA向け金融商品や、NISAに関する情報・サービスは、資産形成世代ではなく、退職世代向けのものに偏らざるを得ない状況になると考える事もできそうです。

    一方で20代はNISA口座買付額のわずか2.0%しか買い付けていない事を考えれば、20代向けのおいしい話は、あまり期待しない方が良さそうです。そもそも若年層は「余裕資金がない」ために、証券会社が集客対象として意識しにくいのかも知れません。


    3. 状況は変わる可能性はあるものの


    もちろん年度末には状況が一変する可能性もあるとは思います。年末の駆け込み買いもあるでしょうし、そもそも昼に暇がないサラリーマンが、NISA口座開設に必要な住民票の取得をせず、未開設の場合も少なくはないはずです。

    ですが、やはり基本的にはNISAに関する情報・サービスは退職世代向けのものに偏る可能性が高そうだという事は、意識しておいて損はないと思いました。

    関連記事
    2014.06.30 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。