スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    複利効果を気にするべきか否か~効果が大きくなるのはどのような場合か?
    Kapok の資産運用投資手法投資手法考察
    利子の利子、または利益の利益を複利と呼び、この複利によって単利の場合と比べて運用資産が大きく増える「複利効果」が語られる事は多いです。

    この複利効果が重要となる場合・そうでない場合について考えてみます。


    1. 簡単な想定による計算


    年利 r で n 年間運用すると、元本は(1 + r )^n 倍となります。
    展開すれば



    と続きますが、 r が小さい時は、元本と単利部分を除いた第3項の



    が複利効果として一番大きく寄与します。

    複利効果は運用年数 n の2乗と利回り r の2乗に概ね比例する事が分かります。nやrが大きい時に、複利効果は無視できない量になってきます。(nやrが極端に大きければ、第4項以降の寄与も無視できなくなります。)


    2. 複利効果を投資判断の材料にする事は普通は「無い」


    そうは言いましても、複利効果を気にする場面は滅多にないと考えられます。

    低金利の日本で円建て資産運用をする場合は複利効果(利益の利益)は小さく、単利(利益)の方が大きく寄与します。利益が小さければ、利益の利益はもっと小さいわけです。

    例えば年利2%で10年間の複利運用すれば、資産は1. 219倍になりますが、このうち1が元本、0. 2が単利部分です。そして、わずか0.018が上記第3項の複利部分です。さらに残りの0.001は利益の利益のそのまた利益等です。

    これに加えて、現実的には10年もすればリバランスや金融商品の乗り換えを行いますので、ますます複利効果が「どうでも良く」なってきます。


    3. 複利効果よりも他の効果を気にする


    このように考えますと、普通は複利効果が得られるか否かを投資判断に組み入れる事は滅多に無いと思います。最近投信クラスタで良く引用される「複利は誤差みたいなものなので気にしない♪」という考え方は、別に変だとは思いません。

    事実、複利効果の程度が小さければ、アセットアロケーションや運用方針、延いては投資信託の運用コストをチェックする方が遥かに効率的です。


    まあ、そうは言いましても、「複利効果を実感できるほどの高い利回り」は是非とも目指したいものですがね。



    関連記事
    2014.07.29 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。