スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    「限界効用逓減の法則」と資産形成に対する心理変化について
    Kapok の資産運用投資手法投資心理・哲学・雑感
    運用規模による心理の違いについて考えます。


    1. 同じ運用で同じ資産増加でも、面白さが異なる


    例えば
    A: 1,000万円の財産を持つ者が、入金または運用によって、資産を20万円増やす。
    B: 100万円の財産を持つ者が、入金または運用によって、資産を20万円増やす。
    を比べます。

    A・Bでリスクの取り方や給与からの支払い負担が全く同じで、増える資産も同じ20万円だとしても、一般的には満足度はBの方が高くなります。

    運用規模によって、運用成果の感じ方は変わってくるものです。資産形成を始めたばかりの時と比べ、損益に対する心理変化が、随分小さくなった人も、少なくはないはずです。


    2. 何かを得る事の満足度


    追加で資産を増やす際に、増やした時の満足度(効用)は、既に持つ資産が大きければ大きい程、小さくなります。消費のみではなく、資産形成においても「限界効用逓減の法則」は少なからず適用されるはずです。

    これを踏まえると、ある程度の資産を築いたのであれば、

    ①取るリスク(額)を増やし、大きく増やして楽しむ
    ②別の趣味で散財する

    など、所得の分配方法を変えて人生を楽しむのも良いかも知れません。


    私の場合は大きく儲けたら、それを更に増やすよりも、例えば車など買って乗っていじった方が人生楽しめる気がしています。東京の真ん中に住んでいるので、車は全く必要ではありませんが、あると面白いと思います。

    関連記事
    2014.09.12 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。