スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    見せ玉・見せ板による株価操作について
    Kapok の資産運用投資手法用語説明
    売買意思の無い大きな注文を出し、株価を有利な方向へと誘導する「見せ玉(みせぎょく)」「見せ板(みせいた)」と呼ばれる技があります。

    ※大きな資金が無ければ注文そのものができませんし、そもそも実際の株式売買では、このような注文は法律で禁止されています

    以下、仮想市場での株価操作のお話です。
    (画像も仮想市場の板情報です。)


    1. 大量の注文での株価誘導


    1-1. 買い注文で高値へ誘導

    大量の買い注文を出せば、板を見た人が、「株を欲しがる人が多いために株価が上がる」と考え注文を出すため、株価が上がりやすくなります。

    株価が上がったタイミングで、事前に仕込んだ株を売れば、高値で売却ができます。

    下記の画像は、大量の買い注文により、株価を高値に誘導する様子です。保有株を190円以上の高値で売るために、大量の買い注文を出しています。

    ※クリックで拡大します。
    misegyokuB.png


    1-2. 売り注文で安値へ誘導

    大量の売り注文を出せば、板を見た人が、「株を売りたがっている人が多いために株価が下がる」と考え注文を出すため、株価が下がりやすくなります。

    株価が下がったタイミングで、欲しかった株を拾い集めれば、安値で株の買付ができます。

    下記の画像は、大量の売り注文により、株価を安値に誘導する様子です。180円以下の安値で買うために、大量の売り注文を出しています。

    ※クリックで拡大します。
    misegyokuS.png

    1-3. 買い注文・売り注文でボックス相場形成

    大量の買い注文と、大量の売り注文があれば、株価はその間を動きやすくなります。高くなって来れば売り、安くなって来れば買いを繰り返し、相場をコントロールできれば、安値買い高値売りによる収益確保が実現します。

    下記の画像は、大量の買い注文と売り注文により、ボックス相場に誘導する様子です。見せ玉を行う人は、180円以下の安値で買い、190円以上の高値で売る事を繰り返す事を目論んでいます。

    ※クリックで拡大します。
    misegyokuR.png


    2. 見せ玉・見せ板をするリスク


    2-1. 思い通りに株価が動かないリスク

    市場参加者が賢かったり、勘が鋭く、見せ玉が見抜かれた場合等は、株価は思い通りの方向に動きません。誘導したい方向と逆に株価が動いた場合は、損をする事になります。


    2-2. 売買意思がない注文が約定するリスク

    株価誘導のために出した、売買意思がない大量の注文が約定してしまうリスクがあります。この場合、後々反対売買が必要になってきますが、有利な条件での反対売買ができない事があります。



    余談①:

    板によっては、見せ玉によって、大量の注文の隠蔽ができる場合があります。

    BEFORE(見せ玉を出す前):
    高く株を売りたいが、既に大量の売り注文があり、株価が下落してしまう可能性がある。
    misegyokuS.png
    ※クリックで拡大します。


    AFTER(見せ玉を出した後):
    売り注文を少しずつ、新規で差し込んだ。この事で、大量の売り注文が表示圏外に追いやる事ができた。市場参加者には、売り注文が少なくなったように見えるため、高値で売りやすくなる。
    misegyokuN.png
    ※クリックで拡大します。



    余談②:

    見せ玉を出して遊べる自前の仮想証券売買サイトです。
    画像はこのサイトから取得しました。

    Kapokの「仮想証券取引所」

    関連記事
    2015.02.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。