スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    投資用語「Buy & fold(バイアンドフォウルド)」の2つの用法について 
    Kapok の資産運用投資手法用語説明

    1. はじめに


    投資用語では「buy & hold(バイアンドホールド:買持の意味)」が有名ですが、「buy & fold」について紹介していきます。この用語、2つの異なる意味で使われています。

    ※いずれもマイナーな用法になります。


    2. 運用手法としての「Buy & fold」


    foldには、「手じまう」の意味があるようですが、「買い」と「手じまい」を繰り返す運用手法を「buy & fold」と呼ぶ事があるようです。

    特に、上昇相場で買う一方で、相場低迷期にキャッシュポジションを持つ事ができれば大きなリターンが期待できますが、これを目論む運用手法が「buy & fold」として紹介されていたりします。

    参照: 'Buy & Fold': An Alternative Strategy (リンク最終確認:2012/12/2)


    3. 運用成果としての「Buy & fold」


    foldには、「曲げる」の意味もありますが、買った途端に株価が曲がる(下落に転じる)事を「buy & fold」と呼ぶ事があるようです。個人投資家ブロガーが使う事がある用語です。

    ちなみに「buy & fold」を繰り返す人を、「曲げ屋」もしくは「曲がり屋」と呼びます。


    4. いずれもマイナーな用法です


    ここまで書いておいてナンですが、普通「buy & fold」という言葉はマイナーすぎて通じません。
    「buy & hold」にかけたジョークだと理解しておくのが良いかと思います。
    2012.12.02 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    モンテカルロ・シミュレーション
    Kapok の資産運用投資手法用語説明
    モンテカルロ・シミュレーションは、乱数を用いたシミュレーションです。解析計算では難しかったり、面倒くさかったり、そもそも不可能だったりするものでも、乱数を使ったシミュレーションを行えば近似解が出るものも多く、いろいろな場面で使われています。

    資産運用の世界でももちろん有用です。
    モンテカルロ・シミュレーションについて、いくつか書いてみます。


    1. 「モンテカルロ」の名前の由来


    wikipediaのモンテカルロ法についての記事(リンク最終確認:2012/11/29)によると、カジノで有名な国家モナコ公国の4つの地区(カルティ)の1つであるモンテ・カルロから名付けられたようです。

    ギャンブルともよく馴染むシミュレーションなのでしょうね。


    2. 「モンテカルロ・シミュレーション」の略し方


    英語では、Monte-Carlo Simulationですので、この頭文字をとってMCと略す事が一般的です。(「モンテ」と略す人も若い人に多いという気がしますが、これは私の出身の研究室の「方言」である可能性もあります。)


    3. どんな事ができるか


    手間と時間さえかければ、(あとアイデアがあれば、)結構何でもシミュレーションできるはずです。このブログでも、資産運用に関係した、いろいろな簡単なシミュレーションを公開しています。

    例えば、「リスク資産における複利効果の有無について」はモンテカルロ・シミュレーションを用いた考察です。モンテカルロ・シミュレーションを使えば、ブログ記事のバリエーションも増えて、いいものだと思います。


    4. Excel関数とモンテカルロ・シミュレーション


    セルに、「=rand()」と入力すれば、0以上1未満の数が得られます。
    if文に挟むと、例えば「=IF(RAND()<0.5,1,0)」としてコピペしますと乱数列が得られます。条件を変えると、「55%の確率で3%増え、45%の確率で2%減る」なども表現できます。


    5. 個人投資家の資産運用とモンテカルロ・シミュレーション


    この2つも、よく馴染む気がします。自身の資産がどのように推移する事が考えられるのか?などを乱数を使って考えてみるのも良いでしょうね。

    2012.11.29 / コメント:: 3 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「塩漬け凍死家」とは
    Kapok の資産運用投資手法用語説明
    有価証券を買ったものの、値下がりにより含み損が拡大し、売るに売れず、身動きがとれなくなってしまった投資家のことを「塩漬け凍死家」と言います。

    1.語源


    含み損が拡大し、売ることができなくなってしまった状態を「塩漬け」と呼びます。塩漬けにより身動きがとれない投資家の事を「凍死家」ともじっています。「塩漬け凍死家」のポートフォリオは、含み損で真っ青(SBI証券等では、含み損は青で表示されます)になっており、寒さが伝わります。

    「塩漬け凍死家」という言葉は、2chスレ「負けてるブログ教えてくれ」で生まれたものと思われます。



    2. 2chスレ「負けてるブログ教えてくれ」


    息の長いスレです。2012年8月30日現在、70スレ目が建っており、数多くの「塩漬け凍死家」のブログへのリンクが得られます。

    なお、似たスレに「勝ってるブログ教えてくれ」がありますが、これと比べて「負けてるブログ教えてくれ」は桁違い(10倍程度)の盛り上がりです。自分よりも負けている人を見て、楽しんだり安心したりしたいという、人の心理が透けて見えます。


    3. 補足


    「塩漬け凍死家」は、株式投資で失敗した人を指すことが多いです。投信投資で失敗している人を「塩漬け凍死家」と呼んでいる例は、あまり見られません。


    2012.08.31 / コメント:: 3 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    景気指標:「スカート丈指数」について
    Kapok の資産運用投資手法用語説明
    スカート丈指数(Hemline Index)は、1926年にテイラー教授が言及した、女性のスカート丈と景気動向との相関関係です。「不況時にスカート丈が長くなり、好景気にスカート丈が短くなる」という観測結果になります。

    歴史的には、概ねそんな感じであるようです。
    参照: Economic Growth vs Skirt Length – the Hemline Index (リンク最終確認:2012/7/19)

    [続きを読む]


    2012.07.19 / コメント:: 6 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    移動平均線/モメンタム 【用語説明】
    Kapok の資産運用投資手法用語説明
    当ブログで扱う専門用語の説明を少し。


    1.移動平均線

    株価は日々変動する。
    が、全体として株価は上昇傾向にあるのか、下降傾向にあるのかを判断する指標の1つに移動平均線がある。
    移動平均線は、その日を含む過去何日間かの株価の終値の平均値である。

    例えば、以下のグラフは、日経平均株価の推移である。
    赤線が「5日移動平均線」(5日間の株価の平均値)
    緑線が「25日移動平均線」(25日間の株価の平均値)
    紫線が「75日移動平均線」(75日間の株価の平均値)
    となる。

    idoheikin.png
    なお、グラフは
    http://smartchart.nikkei.co.jp/smartchart.aspx?scode=0101
    で取得できる。

    このように、移動平均線は株価の変動と比べ、滑らかな曲線となる。
    すなわち、このように平均値をとることで、日々の上昇・下落に惑わされず、全体としての上昇傾向・下落傾向を知ることに役立つ。

    移動平均線は、5日、25日、75日などが有名だが、12ヶ月、24ヶ月移動平均線や、歴史的な買いチャンスを探るために120ヶ月移動平均線を考えることもある。


    2.モメンタム

    移動平均線は、その傾きが注目されることが多い。
    傾きがプラスならば、上昇相場、マイナスならば、下落相場である。
    モメンタムは、この傾きを記述した指標である。

    以下、詳しく見てみる。
    第n日の終値をc[n]で表すと、例えばn日の5日移動平均線ma5[n]は
    ma5[n]=(c[n-4]+c[n-3]+c[n-2]+c[n-1]+c[n])/5
    で表される。

    したがって、n日の移動平均線の傾きの符号と大きさは、
    ma5[n]-ma5[n-1]
    =(c[n-4]+c[n-3]+c[n-2]+c[n-1]+c[n])/5-(c[n-5]+c[n-4]+c[n-3]+c[n-2]+c[n-1])/5
    =(c[n]-c[n-5])/5
    で表される。

    今、n日目の5日モメンタムを
    mo5[n]=c[n]-c[n-5]
    で定義すると、
    n日目の5日移動平均線の傾きの大きさは、
    ma5[n]-ma5[n-1]=mo5[n]/5
    となる。

    すなわち、移動平均線の傾きの大きさに比例し、
    相場の勢いを計る指標として「モメンタム」なるものを使用できる。

    一般に、m日モメンタムは、当日の終値から、m日前の終値を引くことで計算できる。
    例えば、10日モメンタムは
    mo10[n]=c[n]-c[n-10]
    で定義される。


    参考にしたサイト:http://www.sevendata.co.jp/shihyou/technical/momentum.html (2011/2/15)


    トップページ:Kapok の資産運用
    人気カテゴリ:日経平均株価の統計・分析
    2011.02.15 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。