スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    家事が好きになってきました
    Kapok の資産運用その他思った事・思索・所感
    私は今まで、「家事は面倒なもの」だと考え、好きではありませんでした。ですがここ最近は家事は大切だと考えるようになり、好きになってきました。

    特にこの少し肌寒い季節ですと、掃除や洗濯で体を動かすと、温まります。意外と運動になっていると気づきました。料理はおいしく健康なものを作れば、生活水準は向上しますね。

    さらに「この作業を行うにあたり、脳はどう処理・認識して判断したのか?」「これをプログラムで書くとどう大変になるか?」のような事を考えれば、退屈はしません。(最近人型ロボットの打ち合わせに参加したりした影響のようです。)

    このように、最近は結構、家事を楽しんで過ごしています。
    2014.11.10 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    自炊しています: どのようなものを作るか?メリット・デメリットは?
    Kapok の資産運用その他思った事・思索・所感
    ここ最近、自炊の頻度が増えました。炊きたてのご飯のおいしさに気付き、なかなかやめられなくなった次第です。どのようなものを作っているか、それと自炊のメリット・デメリット、について投稿します。


    1. 作るもの


    どのようなものを最近作っているか、いくつか写真を載せます。

    1-1. カレーライス
    IMG_0440.jpg
    手料理の定番中の定番です。時間がかかる(煮込むため、合計30分以上)ため、そこそこ時間がある時に作ります。ただ、この煮込みの時間は本を読んだり、部屋を片付けたり、有意義に過ごせます。


    1-2. ベーコンエッグと回鍋肉など
    IMG_0496.jpg
    ベーコンエッグは、ベーコンと卵があればできてしまい、そこそこお手軽で栄養もあるため、良く作って食べています。回鍋肉は少し手間がかかりますが、好物なので作りたいと思える一品です。

    ここに写っている味噌汁は、お湯を入れると完成するインスタントものです。電気コンロが1つしかない関係で、湯沸かし器だけで出来てしまう料理も大切だと考えています。


    1-3. スーパーの弁当との組み合わせ
    IMG_0489.jpg
    スーパーで半額弁当や半額の食材を見た時は、思わず買ってしまう事があります。出来合いのものでも、少し手を加えた一品を追加すれば、手料理感も出ておいしく頂けます。


    2. 自炊のメリット・デメリットは?


    外食と比べて、メリット・デメリットを挙げていきます。

    自炊のメリット
    ・おいしい
     ※特に炊きたてのご飯は良いです。
    ・安く作れる
    ・たくさん食べられる
    ・安心(添加物は外食よりは少な目になると思います。)
    ・煮込みの時間に、部屋が片付く

    自炊のデメリット
    ・作成に手間と時間がかかる
    ・洗わなければならない食器と鍋が出る
    ・ゴミが出る

    自炊は満足な食生活に結びつきますが、その一方で面倒くさいですね。
    2014.05.26 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    条件付き規約の守備範囲: シンプルなルールほど、強い理由は?
    Kapok の資産運用その他思った事・思索・所感
    ルールや規約の範囲とシンプルさについてのお話です。シンプルで抽象的なものほど、強いというお話がありますが、その理由について考えてみます。


    1. ルールの比較(例題)


    例として、2つのルールを比べます。

    ①軍隊を持ってはならない
    ②戦争のための、軍隊を持ってはならない


    ルールのシンプルさの比較:
    ①の方がシンプルです。
    ②は「戦争のための」という条件が入っている分、複雑な構造をしています。

    ルールの強さの比較:
    ①のルールでは軍隊は持てません。
    ②のルールでは、戦争以外の目的での軍隊の保持を否定できておらず、自衛のための軍隊の保持はルール違反ではないと主張する余地があります。


    2. なぜルールはシンプルなものほど制約が強くなるか?


    上記の例では、シンプルな①のルールの方が制約が強くなっています。一般的に、ルールはシンプルで抽象的なものほど制約が強くなります。

    抽象的なものほど、守備範囲が広くなるからです。他方で条件が複雑に付けばつくほど具体的になりますが、そうなるにつれて守備範囲が狭くなり、拡大解釈の余地や、洩れ・抜けが出てくる可能性が高くなってきます。


    3. この性質をどこで生かすか?


    ルールを作る立場:
    規定や要項を作る立場であれば、シンプルさと抽象度の高低を意識すると、思い通りの運用を行う一助になるはずです。

    ルールを見る・読む立場:
    投資家としては、企業理念や運用方針などのルールを抽象度と守備範囲の視点で眺めてみるのは面白いものです。

    ルールを守る立場:
    具体的なルール程、抜け道が多くあります。ルールの条件下で自己の自由と利益を最大化するために、ルールの論理構造を良く見てみるのも良いと思います。


    2014.04.26 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    ブログ記事はテーマ・カテゴリを絞らない方が良い?
    Kapok の資産運用その他思った事・思索・所感
    一般的には、ブログはテーマを絞って運用する方が、読者も増え、サイト構造もシンプルになり良いと言われています。一方で、私自身は「ブログ記事はテーマ・カテゴリを絞らない方がメリットが多い」と考えています。

    もちろん人それぞれだと思いますが、以下がテーマを絞らないメリットだと思います。


    メリット① ネタ不足に陥りにくく、ブログの継続には有利


    投稿する記事のテーマ・カテゴリを広くとれば、ブログネタを仕入れやすくなります。すると記事投稿の負担も減り、ブログ継続には有利に働きます。

    7年ブログを継続しているベトカブさんも、長期間にわたりブログ投稿が継続できた理由として、テーマを広くとる事を挙げています。

    参考:
    ブログの毎日更新を7年続けられたコツ(第685回更新)
    リンク最終確認:2014/3/18


    メリット② アクセス数が増える


    投稿しやすいためにブログ更新が増えると、ブログランキングサイトの新着記事リンクなどからのアクセスが増え、ブログの閲覧数も増える事が期待できます。

    更に、意外な記事・マイナー記事がアクセスを集める事もあります。例えば当ブログは一応資産運用記事をメインにしていますが、最近一番読まれている記事は2014年3月現在「VMware Player 「NAT接続」の設定について」というソフトウェアに関係したネタになります。

    多くのジャンルの記事のうちの一部分がアクセスを集める事で、ブログのページビューを増やす効果が期待できます。


    メリット③ さまざまなジャンルの勉強になる


    多くのカテゴリの記事を投稿しようとすれば、その過程で記事カテゴリにおいて不明点を調べる事になりますが、このような調べものを通して、広く勉強をする事ができます。

    アウトプットの領域を広くとれば、それに伴いインプットの領域も広がるわけです。


    メリット④ 多くのカテゴリの記事に興味を持ってくれる人がいる


    多くのジャンルの記事を書くと、テーマが発散するために読者が減る気はしますが、一方でその多くのカテゴリそれぞれにも興味をもってくれる方々がいます。

    そのような「興味の対象がブログ主と似ている」方々との前向きな意見交換を通して、ブログ運営に弾みがつき、また、知見が向上するのであれば、それはとてもうれしい事だと思います。



    以上のように、テーマを絞らないブログ運営もメリットが多くて良いと私は考えています。

    2014.03.18 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    2/4 東京でも雪が降る寒い一日でした ・・・ポートフォリオが、赤いです
    Kapok の資産運用その他思った事・思索・所感
    寒い一日でした。
    東京でも雪が降りました。

    この寒さのせいでしょうか。
    私のポートフォリオは上から下まで全て、真っ赤に染まりました。

    IMG_0399.png

    画像では5銘柄しか表示されていませんが、この上下全て真っ赤です。思わず「桃鉄の冬の赤マス」を連想してしまうほどの下げっぷりでした。


    2014.02.05 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。